お役立ち情報

生前贈与?

『お亡くなりになる前に、預金を引き出しておいた方が良いと聞いたので…。』

被相続人の通帳の引出しの内容を相続人の方に聞くとそんな言葉をよく聞きます。

お亡くなりになるまでの入院費用やお葬儀代金などを考えるとまとまったお金も必要となりますので、その通りだと思います。

ただし、相続税の対策としてお金を出す言うのであれば誤りです。

生前贈与は相続税対策として有効ですが、身内が生活費以外で勝手に引き出したお金は贈与にあたりません。また仮に贈与の要件を満たしたとしても、お亡くなりになる前3年内の贈与は相続税の計算に含まれます。つまり相続税の対策になりません。

お亡くなりになる前、親族が預金の管理を任されることもあるかと思いますが、生活費や葬儀費用以外の過度な預金の引出しは、他の親族とのトラブルの元にもなりますので、控えた方が良いでしょう。(蔵重)

相続トラブルの種

『遺産は兄弟仲良く分けてね。』

聞こえは良いかもしれませんが、不動産など分けにくいものがあると本当の意味で平等に分けることは困難です。

遺産の行方も決めずに分け方を子供達に託すことは、親のエゴ、相続トラブルの種を蒔いているに過ぎません。

天国で子供達の縁がバラバラになっていく様子を見ないで良いように、自分の財産は自分の意思で決めておくようにしてください。

(蔵重)

オンライン相談

当事務所では対面での無料面談も行っておりますが、
新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止策として、
安心してご相談いただくために、オンライン無料面談を開始いたしました。
お気軽にお問合せください。

各専門家によるオンライン相談

当事務所では、税金以外の些細なお困りごとについても、弁護士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引士など各専門家にオンラインで相談いただくことが可能です。
初回面談について、相談料など費用がかかることは一切ありませんのでご安心ください。

相続ワンストップサービス 当事務所では、相続トラブルをなくすために、相続に関する各専門家(司法書士・行政書士・弁護士・不動産業・保険業など)と連携し、各種申請手続きからトラブル対応までワンストップで対応できますのでお気軽にお問い合わせください。 相続税申告など 顧問報酬についてはこちら