相続税対策・相続税申告


相続税対策・相続税申告とは

  1. ご家族の縁を守った上で、次に必要なのが税金の対策です。

    相続は3代続くと財産がなくなると言われています。

    それだけ、税金を払った上で、財産をきちんと承継させていくことは難しいのです。

納税資金の準備

  1. まずは相続税を支払うための資金の準備です。

    たとえば、引き継いだ財産が不動産だけでは、身銭を削って相続税を払わなくてはいけません。

    まずは相続税額の見積りをし、その資金の確認が必要です。

    ●納税資金対策
    (一般の方)
    ・納税資金に必要な金額を生命保険で準備する。
    (地主の方)
    ・親の賃貸用不動産を子が管理し、この収入源を作る。
    (企業のオーナーの方)
    ・相続の開始の時まで、在職し死亡退職金で納税資金を準備する。
    ・相続人が所有する

    ●相続税対策
    ・生前に財産を相続人に贈与し、相続開始時の財産を減らす

  2. 0009

節税対策

  1. 亡くなった方の財産の額に税金を課すのが相続税です。
    その財産の額を減らす、評価を下げる、相続税の非課税の枠を利用する、などが節税の基本となります。
    相続財産の内容により節税の方法は千差万別です。
    対策するなんて面倒なことをしたくないと言うのが人情です。相続税を徴収する税務署もそんなことは百も承知なので、何もしなければ、多く税金を払う仕組みになっているのです。何もしない方が特だということはあり得ないです。
    相続の対策なんてまだまだ先の話と思われるかもしれませんが、相続税の対策は早いに超したことはありません。
  2. 0009

相続税申告

  1. 相続財産が一定額を超えると相続税の申告及び納税をしないといけません。
    その一定額とを基礎控除額と言い、下記の方法により計算します。(平成27年相続開始以後)
    基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数
    つまり、相続人が1人なら3,600万円、相続人が2人なら4,200万円と言った計算結果になります。
    ささいなことでもお気軽にお問い合わせください。
  2. 0009